台風21号20号2019年関東の影響はいつ?最新進路情報と電車運休




\

今年は、台風被害が大きく、まだまだ油断できない状況が続いています。

2019年10月21日(月)現在、台風20号と21号がダブル発生しています

台風20号と21号の関東への影響と関東に近づくのはいつ頃なのでしょうか。

最新進路情報と電車運休情報の入手方法をまとめました。

台風21号の東京や日本へ近づくのはいつ?

台風20号は、本州に近づき、22(火)の朝には温帯低気圧に変わる予想ですが、大雨をもたらすことが考えられます。

台風21号が関東に近づくのは、10月25日(金)頃になりそうです。

では、最新進路情報を見ていきましょう。

最新進路情報

台風20号

強い勢力台風20号

21日には、沖縄や奄美地方に接近し、大雨をもたらすと予想されています。

その後、本州に接近し、温帯低気圧に変わるものの、西日本から関東から東北にかけて、広い範囲で大雨になる恐れがあります。

台風21号

台風21号は、「非常に強い」勢力に発達すると予想。

24日(木)頃に小笠原諸島に近づき、その後日本の東へ進むとみられています。

日本列島を直撃する可能性は低いと言われているものの、進路が本州寄りにずれる可能性も否定できません。

関東から東北にかけて、暴風域に入ることも考えられますので注意が必要です。

台風21号は、海水温の比較的高い地域を進むため、まだまだ発達を続けていく見込みです。

今後の勢力の変化や進路について、最新情報に注意に必要ですね。

電車運休情報の入手方法

最近では、台風のようにあらかじめ悪天候が予想されるときには、鉄道各社が計画運休や間引き運転などを行い、事前に情報を流してくれます。

利用者は、それらの情報を常にチェックしておくことが、とても大事です。

首都圏の鉄道各社の情報入手方法は、こちらです↓

『首都圏の電車の最新交通情報入手方法2019』

https://h-mahirun.work/koutuujouhou-4857

台風の名前

台風20号の名前は「ノグリー(Neoguri)」
韓国が用意した名前で「たぬき」の意味です。

台風21号の名前「ブアローイ(Bualoi)」

タイが用意した名前で、「お菓子(デザート)」だそうです。

2019年の台風の名前一覧や命名についての説明は、こちらで詳しくご説明しています。

https://h-mahirun.work/typhoon-name2019-4784

まとめ

スポンサーリンク
336




336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336