台風20号発生!日本へ影響は?通過や直撃の可能性はある?2019年




フィリピンの東を西進していた熱帯低気圧が、2019年10月18日(金)午前3時に

台風20号(ノグリー)になったと発表がありました。

台風19号の被害が大きかった直後の台風20号の発生ということで、今後の行方が気になります。

日本への影響はあるのでしょうか。

通過や直撃の可能性があるのかどうか、など現時点での最新の進路予想情報をまとめました。

現在の台風20号の状況

台風20号の10月18日3時現在の様子

  • 方向:北西
  • 速さ:ゆっくり
  • 中心気圧:1004hPa
  • 最大風速:18m/s
  • 最大瞬間風速:25m/s

19日土曜にかけて、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルに発達するとみられています。

その後は、あまり発達しないとみられていて、20日(日)か21(月)頃には、先島諸島の南へ進みながら熱帯低気圧に変わると予想されています。

進路が北寄りになった場合、沖縄諸島へ近づくという可能性も考えられるので、注意が必要です。

現在、海水温は28前後あり、まだ油断はできません。

今後の情報に注意してください。

台風20号の名前

台風20号の名前は「ノグリー」

意味は「たぬき」です。

この名前は、韓国が用意したものです。

なんだかおっとりしていそうな名前ですね。

絵本のたぬきのイメージ通り、あまり発達しないことを願います。

2019年の台風の名前一覧や命名についてはこちらをどうぞ

https://h-mahirun.work/typhoon-name2019-4784

スポンサーリンク
336




336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336