アルツハイマー治療法!改善と予防の9つの軸【世界一受けたい授業】




2019年11月30日(土)に放送された『世界一受けたい授業』では

初期のアルツハイマー病の9割を改善させた先生が教える 日本人版の治療法を大公開!

という内容が放送されました。

初期のアルツハイマー病の9割を改善させたという実績を持つデール・ブレデゼン医師アルツハイマー病の治療法や改善と予防法について、教えてくれました。

その内容について、詳しくご説明します!

スポンサーリンク

9つの軸

デール・ブレデゼン医師のアルツハイマー病の治療法には9つの軸があります。

9つの方法を行なって脳と体を両方を整えることが重要だといいます。

【9つの軸】

①夜~朝は12時間の絶食

②毎日有酸素運動と筋トレ

③7~8時間の睡眠

④ストレスを最小限に抑える

⑤脳トレーニングを行う

⑥歯の治療

⑦なるべく自然の食品を摂取

⑧腸内環境を整える

⑨天然系の製品を使う

アルツハイマー病の治療法

①朝起きる時間を一定にする

睡眠を7~8時間とるのが理想ですが、難しい場合は、朝起きる時間を一定にするだけでも、脳と体の生活リズムが整い、効果的です。

②起床後はすぐにカーテンを開ける

日光浴で作られるビタミンBはアルツハイマー病の予防になります。

朝に3分以上太陽を浴びるのが効果的です。

③緑茶でうがいをする

朝一番に、緑茶でうがいをすることで、睡眠中に増えた口の中に増えた細菌を出し、脳への細菌の最近の侵入を押さえることができます。

こちらの記事で詳しく説明しています。

2019年11月30日の『世界一受けたい授業』で 初期のアルツハイマー病改善法!緑茶でうがいをすると良い! とい...

その④必ず日記を書く

日記を書くことでその日の出来事を思い出そうとするため、脳の記憶する部分が活性化します。

その他のポイント

■カビがアルツハイマーにはよくない

アルツハイマー病の患者さんの脳の中にカビがいたという診断結果もあるほどです。

■歯磨きを行う時、両手で行うのがおススメ。

両手で行うことで、広範囲に脳を刺激することが出来ます。

食事による改善法

①発酵食品

日本食はアルツハイマー病の改善に効果的。

みそ・醤油・納豆など、発酵食品で腸内環境を整えることで、栄養の吸収率をアップ

脳に栄養が届きやすくなります。

②青魚

イワシやサバなどの青魚に多く含まれるDHAは脳の神経細胞を活性化させ、記憶力や注意力の低下を防いでくれます。

週に2回は青魚を食べることがおススメです。

③間食には、ナッツや豆類

血糖値を急激に上げる食べ物は脳によくありません。

間食には血糖値が上がりづらく、記憶力アップの効果がある枝豆やナッツがおススメ。

④お酒を飲むなら赤ワイン

お酒は脳によくないからお勧めできません。

ですが、赤ワインには、脳の認知機能を高めてくれるポリフェノールが多く含まれているため、お酒を飲むなら赤ワインがおススメです。

脳におススメの野菜

大根、葉物野菜、さつまいもです。

さつまいもは、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

脳に必要なブドウ糖の代謝に欠かせないビタミンB1が豊富。

血糖値の上がり方も緩やかなのでおススメな野菜です。

脳トレ 逆読みウォーキング

アルツハイマー病の予防におススメのゲームです。

やり方は簡単。

二人一組でやります。

ひとりが「パンダ」とお題を出したら、答える人は逆さまに読んで「ダンパ」と答えます。

うなぎ→ぎなう

やきにく→くにきや

エビフライ→イラフビエ

といった感じです。

まとめ

デール・ブレデゼン医師による日本人向けのアルツハイマー病の治療法についてまとめましたがいかがでしたか?

これらは初期のアルツハイマー病の改善に効果があるという結果が出ている方法ですが、まだ大丈夫というかたでも予防としても効果があるものなので、毎日の生活に取り入れていきたいですね。

これの通りの生活をすると、健康的な生活を送れることは間違いなしなので、ぜひ実践していきましょう!

スポンサーリンク
336




336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336